ページ
トップ

オンライン査定のメリット

不動産を売却する際には主に仲介を挟んでの売却不動産会社に買い取ってもらう方法があります。

仲介の仕組み

どちらにするにしても、査定はとても重要になります。

  • 仲介などで中古住宅情報などに載せる場合も適正価格に基づいた価格設定ができないと、いくら待っても買い手がつかなかったり、知識・情報がないために安売りしてしまって、損をする事もあります。

不動産会社に買い取ってもらう場合は当然最終的な査定金額が売却金額となりますが、より高く買取してもらう所を探す必要があります。

不動産会社に直接買い取ってもらう場合は、仲介で売る時の7割程度の金額にしかならないと言われています。

しかし希望時期に即時現金化できるので住み替えの時などは非常にスムーズに話がすすめられます。

物件の査定

住みながら、仲介などで売りに出すというのは、近所の人や知人などにも売り物件として出ている事がわかってしまうリスクが高く、世間体が大きなネックとなっており「直接買い取り」も一定数需要があるのは事実です。

反対に、すぐに家をあける事が可能で、ある程度売却までに期間的余裕がある。という事でしたら仲介で売り物件情報を出していた方がいいでしょう。

前置きが長くなりましたが、どちらの選択をするにしても、まずは査定をしてもらうことが大切です。

仲介の場合は、査定が高ければいいというものではありません。

売り手に気に入られて、自社で扱える物件の頭数が増えればいいという考えで、高値を提示してくる業者もありますが、当然、そうそうすぐには売れなくなりますので相場を見極める必要があります。

業者に買い取ってもらう場合は売り手にはそういったリスクは無いので、より高く買取してくれる業者を探したいものです。

そこで査定をしてもらう時にどこの業者に頼めばいいのか、というのは重要な事で売却するにあたっての運命が業者で決まるといっても過言ではありません。

ではどこの業者を使えばいいのか?
近くに不動産会社があるなしに関わらず、まずはオンライン一括査定をオススメします。

簡単オンライン査定

オンライン査定は当然最初の段階では情報だけで物件の詳細や本当の現状が分からないので、ざっくりした査定金額しか出てこない場合がほとんどです。

  • ですが、オンライン査定はネット環境と必要な情報入力だけで査定ができるというメリットがあり、短期間で複数社からの査定結果を取得する事ができます。

近くの不動産屋や買取会社を探してお願いすれば、オンライン査定より具体的な数字な細かい説明はありますが、その業者が適切な査定金額を提示してくれてるのか?というのは1社ではわかりません。

同様な形で複数社アイミツを取るのであれば大きな手間になります。

それに対してオンライン査定は手軽さがあるだけではなく、オンライン査定を申し込むだけで、業者側は他の業者とアイミツを取られている事を想定し、より競争意識を燃やして親身に対応してくれる可能性も高くなります。

オンライン査定もその後、物件の立会い査定をしないと最終的な査定金額は出ないケースがほとんどですが、立会いで本格的な査定をする時点で一括査定で競合させた中から選んだ有望な業者から話を聞けるというのはとても有利になります。

不動産売却の為に一番手軽で賢い第一歩はオンライン一括査定を申し込むことなのです。