ページ
トップ

賃貸と購入どっちがお得?

マイホーム購入or賃貸?

不動産は

購入した方がいいのか?

賃貸にした方がいいのか?

というのは大きなテーマになります。

  • 当然、不動産を購入してしまえば、自分の財産になりますし、住宅ローンが完済してしまえば、居住するお金は極めて少なくなりますし、賃貸・売却して引越しをするという選択肢も出てきます。
    賃貸ですと、長年賃貸してもよくて若干賃料が下がるくらいで、一切自分の財産にはならないので、購入してしまった方がメリットや選択肢・活用方法は広がります。

ですが、一般的な人でしたら、金額が大きいので家やマンションを購入するというのは、人生で1回あるかないか。多い人でも2回程度でそれ以上購入を繰り返している人は

不動産業や不動産投資をやっている人。もしくはよっぽどのお金持ち程度でしょう。

一般人が不動産を取得するケースは住宅ローンを組むケースが多く、多いのは30年や35年でローンを組み人が多いのが現状です。

ローンの金利もかかりますし、買うのも売るのも不動産屋に手数料を払う事になるので、気軽には住みかえる事ができません。

これが不動産購入の最大のデメリットです。

仮に住宅ローンで払う毎月の返済額が、そのまま自分の資産になっていくというのは間違いではないですが、これを短いスパンで売却や賃貸にだすと、コストが高く付き決して賢い選択ではなくなってしまいます。

その点、賃貸は敷金・礼金・仲介手数料などの費用はかかりますが、状況に合わせて容易に引越しができます。

引越しをする予定も家族構成が増える予定もないという理由で購入してしまっても、その地域の地価が暴落してしまう事もあれば、周辺施設が減少しゴーストタウン化。

引っ越し

近所付き合いのトラブルなど、長く住むと、なにかしら問題が出てくるケースがあります。

ご近所トラブル

そういった何かがあっても、基本購入した物件はそのまま住み続けないと行かないですし、劣化に応じてリフォームなども必要になってきます。

賃貸はフットワークの軽さや賃料以外は、家の大規模リフォームのような大きな出費が家の事で出る事はあまりなく、嫌になったら出て行く。

家庭の状況が落ち着くタイミングで購入を検討できるなどのメリットがあります。

  • 当然双方にメリット・デメリットがありますが、どちらの方が必ず良い。というのはなく、人によって状況は違いますし、思わぬ形でそれぞれのデメリットやリスクを痛感してしまう事もあります。