ページ
トップ

不動産屋が儲かる仕組みとは

不動産売買をやっている不動産屋は儲かっているというイメージをお持ちの方も多いと思います。

不動産売買は儲かるか?

答えは半分正解です。

不動産は、食事や衣料品などに比べて極めて原価が高い商材となります。
特に高いと言われているの分譲マンションで用地代と建設代などもろもろで、原価率は80%以上になる事もあります。

更には、分譲マンションを販売するにあたって、発生する広告費や人件費もバカになりません。
それでも、金額が大きいので、売れれば大きな利益を生み、人気物件などは、建設段階で全棟完売などとなるケースもあります。
そうなれば、利益率は低くても、不動産売買で大きな利益を出す事になります。

分譲マンション
  • しかし、分譲マンションや分譲住宅を作っても、人気がでなければ、回収に時間がかかるだけではなく、経費もかさみさらには、値落ちしてしまい、大きな商売をしたにも関わらず全然儲からない、最悪赤字になる事もあります。

リーマンショックのあとには、中小規模の不動産屋が多く廃業しました。
不動産屋はやり方次第ですが儲かりますが、リスクも大きくなります。

また不動産屋売買は仲介という形を取る事もできます。

仲介する売買代金にもよりますが、基本的な住宅・マンションですと売買代金の3%+6万円が仲介手数料になるという決まりがあります。

それでも、1000万円・2000万円の物件を仲介するだけでも、充分利益が出ますし、さらに高額物件を仲介すれば当然利益は更に大きくなります。

ですが仲介手数料の決まりがありますので、売れる見込みがある物件でしたら、一度買い取って転売すれば仲介手数料より大きな利益。ケースバイケースですが、仲介手数用で得られる収入より2倍・3倍と儲かる事もあります。

不動産売買は、良い物件でないと、そうそう売れなく、仲介をしても、それなりの件数を稼がないといけないのと、転売などで一度買い取ってしまえば利益は高くなりますが、原価が高い分、売れなかったり、地価価格が暴落したりすると大きなリスクとなります。

また、中古不動産を競売で安く仕入れする不動産屋もいますが、競売にかけられる物件はトラブルが多く、物件を見る目や旧所有との交渉など、より専門的な経験と知識も必要になってきます。

不動産売買