ページ
トップ

私が所有する投資物件を売却した理由

別荘

私は元々、若い時に株で儲けていたのでその資金を元手に投資物件のアパートを購入していました。

しかし20年経った今ではアパートの老朽化も進み、所有する不動産の資産価値も前時代に比べると遥かに落ちてしまった為に今回、売却に踏み切る事を決めたのです。

また、私が所有する投資物件のアパートは既に築20年以上の物件なので維持費や管理費が嵩むようになった事も売却を決めた理由のひとつです。

幸いにも私の所有するアパートは立地条件も良く、需要と供給のバランスが取れた地域に建てられていたのですぐに買い手が見つかりました。

ただ、投資用の物件だったとはいえ長年に渡って所有してきたアパートを手放す瞬間にはやはり寂しい気持ちになったというのが正直なところです。

ちなみに私は現在のアパートの資産価値や売却相場についての知識が乏しかったので、まずはアパートを購入した不動産屋に相談してみたのですが、そこでは驚くべき査定結果を示される事になったのです。

私が所有するアパートは築年数が経過しているとはいえ立地条件などを考えると購入時の3分の1くらいの価格にはなるだろうと踏んでいましたが、査定結果は私が予想した価格の半額程度だったのです。

しかしその後、私は知人の勧めでインターネットを利用して「クイック査定」を依頼する事を決め、結果として最初に示された価格よりも20%ほど高い査定額を示して頂けたのです。

投資物件を売却できた事への満足感

51歳になる私は既に不動産への投資や運用に対して疲れを感じ始めていた為、所有する投資物件のアパートを売却する事に決めたのですが、そこで便利だったのは「オンライン査定」と呼ばれるインターネットを利用した査定方法です。

インターネットを利用したオンライン査定では専用のフォームに自分の住所や不動産に関連する情報を打ち込むと、幾つかの不動産業者による査定を同時に受ける事が出来ます

このオンライン査定を利用して私が所有する投資物件のアパートの査定を行った結果、もっとも高い査定価格を付けてくれた不動産屋に依頼する事が出来ました。

予想していた売却価格よりは少し安価にはなってしまいましたが、結果には概ね満足しています。