ページ
トップ

体力の限界を感じて経営する居酒屋の売却を決意

居酒屋

私は59歳になる街の小さな居酒屋を経営するしがない初老の男です。

これまで慣れ親しんだ街に住み、長年に渡って小さな居酒屋を経営してきましたが、最近になって身体の調子が悪い時期が続いたりした事もあって体力の限界を感じ始めています。

そこで今回、長年に渡って経営してきた居酒屋の店舗を思い切って売却する事にしたのです。

実は妻が居たのですが、5年前に女性特有の疾患で他界してからはずっと独り身の生活が続いています。

以前は妻が居酒屋の経営を手伝ってくれていましたが、5年の間一人で店を回してみて限界を感じてしまいました。

もちろん長年経営してきた居酒屋ですからお店には愛着もありますが、押し寄せる年齢と体力の壁には抗えないと感じた事で苦渋の決断を下しました。

しかし、不動産に関する知識が乏しい私が古い居酒屋の店舗を売却する為には不動産屋に相談するしかなく、店が休みの日に幾つかの不動産屋を回って相談してみたのです。

しかし、いずれの不動産屋も同じ街にあるので査定の結果はどこも似たようなものでした。

そこで私は博識で有名な常連のお客さんに相談してみることにしたのです。

常連さんに教えて貰った一括査定

亡くなった妻との思い出や定期的に来店してくれた常連さんとの思い出がたくさん詰まった居酒屋でしたが、私の体力も限界に来ていたために店舗の売却という苦渋の決断を下すしかなかったのは少し寂しい気もしますが、最終的に予想以上の価格で店舗を売却する事が出来たので結果には概ね満足しています。

最初は街中の不動産屋を何軒も回ってみたのですが、どこも似たような査定結果だったので売却に迷いが生じていました。

しかし、お店によく来てくれていた博識で有名な常連さんの勧めで私はオンラインの一括査定を利用する事にしたのです。

その結果、街中の不動産屋よりも良い条件で査定結果を示してくれた不動産業者が幾つか現われたので、その中から売却を依頼する不動産業者を選ぶ事にしました。

その後、私の愛する居酒屋は「居抜き物件」として相場よりも少し高めの価格で買い手が付く事になりました