ページ
トップ

HowMaの特徴

HowMa(ハウマ)

HowMaは人工知能(AI)を活用した不動産価格の自動査定サービスです。

家の情報を入力するだけで瞬時にコンピューターによって自動計算してくれるので、査定提示までの時間が短く、営業電話を受ける心配も一切ありません

ただし、あくまでもコンピューター査定に特化したサービスなので査定価格に納得してもHowMaと売却手続きを進めることができません

現在、以下の不動産会社と提携してHowMaの人工知能による自動査定システムを提供されています。

ハウスドゥ

あなぶきハウジングサービス

リノベル

パナソニック

HowMaの公式ページでなくても提携会社のホームページからも同様の査定を受けることができます。
HowMaを直接利用するメリットは不動産会社による営業を受ける心配が一切ないことです。

まずはHowMaを利用して、査定価格に納得したら提携業者や一括査定を利用して売却に向けて行動を取りましょう。

査定精度について

不動産価格は地域ごとに相場が決まっていて、概算査定をコンピューターで自動的に出すサービスはほかにもあります。

また、売り出し価格や成約価格、路線価情報などから相場を出して、土地や延床面積から独自に売却物件の想定価格を算出することもできます。

HowMaの自動査定サービスは、従来のコンピューター査定に加えて人工知能を取り入れて、より正確な査定価格を算出します。

不動産価格は、土地の相場以外にも物件ごとの方角や周辺環境、建物の状態によって価値が変わりますが、人工知能によって従来の自動査定よりも幅広い要素を取り入れて査定できるのがHowMaの強みです。

ただし、現時点ではプロの不動産業者が行う訪問査定に比べると精度は劣ります
物件情報や登記情報から算出する机上査定に比べれば、同等以上の精度を期待できます。

人工知能は査定を繰り返すことで学習していく特性もあるので、今後はどんどん査定技術が向上して将来的にはプロの不動産査定士(人間)が行う査定よりも精度が高まる可能性もあります。

情報入力項目によって査定精度が変わる

人工知能による自動査定は、本来プロの査定士が見る要素も情報に落として分析することで従来の自動査定よりも高い精度を期待できます。

HowMa自動査定サービスの申込フォームでは、以下の項目(任意)の用意があります。

物件の方位

土地の形状

主要な接道情報

その他の接道情報

建物からの敷地面積の距離

日当たり

リフォーム状況

このほか、番地、建物面積、敷地面積、築年数、構造などの一般的な情報は必須項目になります。
必須項目のみの入力であれば、一般的なネットの自動査定と精度に変わりはありません。
任意項目を入れることで人工知能にしかできない精度の高い自動査定を実現しています。

通常は不動産査定申込を行うと、依頼を受けた不動産会社が登記情報を下見したり、物件を家の外から下見をして査定を行います。

HowMa自動査定サービスは人の手が加わらないので、営業を受けずに利用できるメリットはありますが、情報入力や利用者が下調べする内容が多いデメリットがあります。

公式サイトで今すぐ見積もり