ページ
トップ

仲介保証が充実の東急リバブル

東急リバブル

仲介と賃貸に強く、分譲住宅の開発もほとんどしていません。大手不動産業者の中では自社物件をあまり持っていないのが特徴です。
その分、仲介業務には強く業界トップレベルの仲介保証サービスを用意しています。

東急リバブルの実績

最長2年のあんしん仲介保証

戸建・マンションを専任媒介で依頼すると、建物の条件によって保証サービスが付いてきます。
2016年9月以降に検査を受けた物件は最長2年、最大500万円の設備保証が付いてきます。

大手では定番になりつつある保証付き物件販売サービスですが、一般的な保証期間は1年が相場なので、2年保証がつくと買い手から見ても魅力が強い物件になります。
ほかにも、仮測量、擁壁調査保証など充実のサポートが付いてきます。
知名度が高い大手なので、自社のホームページからの集客効果も高く、公式ホームページでは閲覧者やお気に入り登録者が表示されるので、どのくらいの反響があるか確認できます。
ただし、外部の物件情報サイトへの広告活動には消極的で、専任媒介を依頼すると、両手取引にこだわった対応をされるリスクがあります。

首都圏特化で地方に弱い

東急は東京急行電鉄の略称で運営母体は首都圏の鉄道会社です。
全国173拠点を展開する大手ですが、拠点数は首都圏に集中していて、このほか、大阪、愛知、仙台などの大都市に強い一方で地方にはあまり強くありません。

鉄道会社がある首都圏では老舗大手の不動産会社として実績が強く、地域の小規模業者とも多数提携していて、ほかの業者を仲介として紹介されるケースも多いです。
なお、電鉄系不動産業者の中では最大手です。

宅建保有率97%の教育水準

営業スタッフのほとんどが宅建所持者のため、契約時の重要事項の説明も、仲介を担当したスタッフが一環して行っています。
宅建は国家資格の中でも難易度が高く、スタッフは全体的に頭の回転が良く記憶力が良いです。
スタッフの質が良いため、顧客満足度も91%と業界トップレベルの水準になっています。

安い土地や建物でも全力で取り組んでくれる

東急リバブルは営業スタッフの評価制度で、売上や手数料収入よりも、成約件数を重視しています。
販売価格が安い家や土地の仲介であっても、スタッフのモチベーションが下がることなく全力で対応してもらえます。

ただし、件数にこだわる要素が強いため、多少大きな値引きをしてでも成約に繋げようと考えている営業スタッフや拠点管理職の方が多いです。
仲介保証やネームバリューに加えて鉄道系で全国展開の大手ならではの信頼感がありますが、売却価格や値引き交渉は業者のいうことを鵜呑みにせずに、自分自信でリサーチして適正価格を理解しておく必要があります。

公式サイトで今すぐ見積もり