ページ
トップ

リナプス(相鉄グループ)の特徴

リナブス(RenUPs)

リナブス(RenUPs)は神奈川県の横浜、海老名、大和、湘南台などを結ぶ私鉄(相鉄線)を手がける相鉄グループによるマンション買取専門業者です。

相鉄グループでは新築マンションの分譲をはじめ、不動産業で古くから実績を積んできました。
リナブスは相鉄グループの新しい不動産サービスの形で中古マンションの買取に特化しています。

原則仲介は行わず、買取一本で勝負するのは不動産業界では珍しいことで、これまでのマンション販売のノウハウを応用し古いマンションの価値をリノベーションなどで高めて再販することを得意にしています。

マンションでは築浅物件が好立地のシングル物件(1Rや1K、1LDKなど)が人気ですが、リナブスでは築20年以上で50平米以上のファミリー向け物件の買取を強化しています。

母体が鉄道会社なので資金力があり銀行からの借入をせずに買取できるため中間コストがかからず、そのまま仲介で売り出しても買い手のつきにくい物件をリノベーションで価値を高めて再販するので仲介で売るよりも高く買取してもらえるケースもあります。

自己資金による買い取りなので住みながら売却することも可能ですし、賃貸中のオーナーチェンジ物件の買取も得意です。

対応エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県で東京23区内や神奈川県の相鉄線沿線エリアに力を入れています。

買取の対象になるのは専有面積40平米以上の居住用所有マンションに限定されるので、土地、戸建住宅、1Rなどのシングル物件は対応してもらえません

家を売ってから引っ越しをしたい場合に最適

マンションは居住中やキッチン、トイレ、お風呂などの水回り設備の状態が悪いと仲介に出しても売れづらく、安く買い叩かれるリスクが高いです。

マンションを高く売るためには、一度仮住まいに引っ越しをしてリフォームしてから売る方法が人気です。

実家など家賃不要で仮住まいを用意できるなら検討する価値はありますが、仮住まいで賃貸を借りてリフォームしてから売りに出すと相応の費用がかかります。

高く売れても売却価格から売るためにかけた費用や、手間や時間をかけた分の機会的損失などを考慮するなら、プロに任せて買取してもらい、定期借家契約を結んで売却資金を手に入れた上で新しい家を探した方がお得になるのがリナブスの営業文句です。

公式サイトより仲介と買取の潜在費用を含めた比較シュミレーションをできるツールが用意されています。
ただしシュミレーターは東京23区内の実在するマンションでないと利用できません。

リナブスの総評

対応エリアは限られますが、築年数が古く室内の状態が悪い物件の買取相談に強いです。
特に居住中のマンションを売って新しく不動産購入をして住み替え検討している方にオススメできます。

ただしリナブスブランドとしてリノベーション前提の買取した実績は少なく実力は未知数です。
まだサービス開始して間もない不動産買取査定サービスなので、他の業者とも話を聞き比べて検討するとよいでしょう。

公式サイトで今すぐ見積もり