ページ
トップ

住まいウールの特徴

住まいウールは2017年10月に登場した新しい不動産一括査定サイトです。

提携業者数が重要な一括査定の中で、住まいウールは業界トップクラスの1,200社に対応しています。

新参業者としては異例のハイスペックなので、何かカラクリがあると調査したところ、屋号とサービス名称を変えているだけで中身は株式会社Speeeが運営する「イエウール」と同じということが分かりました。

住まいウールの名称由来もイエウールから来ているのでしょう。

看板は違うけど大手と全く同じサービス内容

住まいウールとイエウールのどちらから申込をしても、全く同じサービスが提供されます。
住まいウールはイエウールを提供する株式会社Speeeと提携しています。

イエウールは利用者から申込があった場合、参加している不動産会社から見込み客を紹介した報酬で手数料を受け取って運営しています。

住まいウールは申込を受けると株式会社Speeeから手数料を得て運営しています。

住まいウールの運営者からしてみれば自社で運営するより売上単価は安いですが、不動産会社に営業する手間は一切なく、サイト運営のみで済むためコストがかからないメリットがあります。

極端なたとえ方をすると車や電気機器などのOEMのようなものです。

実際の提携会社数は1,400社以上

サービス元のイエウールは業界屈指の提携業者数をほこり、現在もネットワークを拡大しています。

利用者も多いので営業をしなくても不動産会社から参加希望の連絡を受けることもあり、すでに不動産一括査定サービスとして高い地位を築いている定番のコンテンツです。

イエウールの公式ページを見ると提携会社数は1,400社以上と明記しています。
住まいウールはサービス開始後わずか3ヶ月ほどでイエウールの最新情報から遅れを取っています。

利用者からしてみれば、イエウールと住まいウールのどちらから申し込んでも同じサービスを提供されて、住まいウールを利用したことによるデメリットは発生しません。

しかし、不動産一括査定サービスを選ぶ段階では公式ページの情報量の多い本家イエウールのサイトを確認するべきです。

住まいウールは申込フォームの案内と一括査定を利用するメリットの簡単な説明だけで公式サイトの中身がありません。

唯一評価できる点は電話番号を公開しているので、WEB申込や一括査定サービスの使い方で分からないことがあれば、電話問い合わせによるサポートを受けられます。

住まいウールのホームページは閉鎖されました。