ページ
トップ

仲介手数料0円のアローズリアル

アローズリアル

通常家を売った時は仲介業者の売買代金の3%+6万円を支払います。
3,000万円の不動産になると仲介手数料だけで96万円の仲介手数料が発生します。
そんな業界風習の中、アローズリアルはゼロフリーシステムという売り手からの仲介手数料を0円で対応するサービスが特徴の不動産業者です。

無料で対応してくれる仕組み

不動産取引は、売り手と買い手の双方が仲介手数料を払います。
同じ不動産会社が買い手と売り手の双方の窓口になることを両手取引、買い手は他の不動産業者が仲介することを片手取引といいます。

日本の不動産業界は両手取引が主流で、不動産売買の仲介業者はほとんどのケースで1件の成約につき、売り手と買い手の双方から仲介手数料を得ています。
たとえば3,000万円の不動産取引なら、宅建業法で決められた手数料は3%+6万円の96万円ですが、両手取引をした不動産会社は売り手と買い手から合計192万円の手数料を得ています。

アローズリアルのゼロフリーシステム

ゼロフリーシステムは売り手の仲介手数料は無料だけど、買い手からは通常の仲介手数料をもらっているため、商売が成立する仕組みです。
仲介手数料がなくなることで、手数料が必要な他社に3,000万円で仲介してもらうよりも、アローズリアルに2,950万円で売った方が手元にお金が残ります。
売り主も多少は販売価格を妥協しやすくなるので、買い手も希望する金額で購入できるケースができて双方にメリットがあります。

仲介手数料0円のデメリット

ゼロフリーシステムは専任媒介(1社にしか仲介できない契約)で依頼した場合の特典です。
買い手からしか、仲介手数料を取れないので、他の不動産業者が仲介業者で購入希望の案件が入ってくると一切売上が上がらないため、全て断っています。
本来、不動産物件は売リ出しをすると、レインズという業者専用の物件情報ポータルサイトに登録されて、ほかの不動産会社も物件を販売活動できるようになります。
仲介手数料0円の契約だと、そもそもレインズに登録されないケースもありますし、この業者の物件は買い手の仲介業者になることができないと判断されて、レインズを見た業者からも興味を持ってもらえません。
つまり、仲介手数料0円で売ってもらう行為は、販売活動や広告活動が全て仲介業者だけになってしまい、販売活動の領域が狭くなってしまうデメリットがあります。

不動産売買は仲介業者の技量によって、成約価格が数百万円変わると言われています。
広告活動のほか、ほかの不動産業者にも声をかけて全力で販売活動をした結果、現れた購入希望者に高く売れれば仲介手数料を払ったとしても、売り主の手元にはたくさんのお金が残りますし、何よりも納得した取引ができるメリットがあります。

仲介手数料0円サービスはアローズリアルのほかにも、昔から多くの業者が取り入れてきたサービスですが、普及していないのには理由があります。
人気条件が揃った物件など、放っておいてもすぐに買い手が現れるような物件や、相場より安くてもいいからすぐに売りたい場合は、仲介手数料0円で対応してもらうメリットが大きいです。

公式サイトで今すぐ見積もり