ページ
トップ

みずほ不動産査定

みずほ不動産査定

日本3大メガバンクのひとつでもある、みずほ銀行子会社の大手不動産業者です。
国内の銀行系不動産会社の中では規模・実績ともに業界トップレベルです。
店舗数も豊富で大手ならではの安定したサービスが特徴です。

SUUMOやアットホームなど大手ポータルサイトへの広告掲載や媒介契約者向けにプレゼントキャンペーンを実施するなど、民間不動産業者と遜色のないサービスをしています。

大手不動産一括査定サイトにも多数登録しているので、興味を持つ方も多い注目の不動産査定サービスです。

専任媒介の4大特典

建物調査サービス

敷地調査サービス

住宅設備修理サポート

住まいるサポート

引越しや税理士など不動産売買で必要になる業者を紹介する住まいるサポートのみ、一般媒介利用時でも利用できます

住宅設備修理サポートは7日間の売主瑕疵担保責任を免責にして買い主には6ヶ月間の修理保証が付いてきます。

ただし仲介保証サービスは大手では多数取り入れられているサービスで1年以上の仲介保証が付くところも多数あるので、他社と比較検討することをオススメします。

建物・敷地の調査サービスも付いてくるので売り出しする前に家の状態を見てもらいたい方や、家の状態(不具合がない)に自信のある方は利用価値が高いです。

銀行と連携

みずほ銀行、みずほ信託銀行と提携していて相続や資産の組み換えにも柔軟に対応してもらえます。

みずほ不動産販売の営業スタッフは銀行窓口よりも親身に話を聞いてくれますし、同じグループなので銀行への借入審査も柔軟に対応してもらえます。

不動産売却に伴い銀行とも相談が必要な場合にはオススメ度が高いです。

スタッフの質が高い

メガバンク系列の不動産会社で営業スタッフは大卒以上です。
離職率も少なくスタッフの育成にも力を入れているので、全ての営業スタッフの質が良いです。

また、みずほ不動産販売の会社としても、みずほ銀行前進の安田財閥系にあたる安信住宅販売株式会社として1986年に創業した歴史があります。

銀行系不動産会社として30年以上の実績は大きな強みで、豊富な案件を扱ってきた経験を活かして査定申込者に最適な提案を行ってくれます。

柔軟性がない

大手不動産会社の宿命ではありますが、中小規模の不動産会社や不動産一筋の専門業者に比べると柔軟性は低いです。

王道のサービスに特化していて、都心部など拠点の近くの好立地物件の売却には強いですが、支店から遠い場所や単価の低い不動産は苦手です。

特に売却想定価格2,000万円以下の物件は精力的な営業活動をしてもらえない場合もあるので注意しましょう。

専任媒介特典も大手の類似サービスに比べて強いわけではないので、1社に相談するのではなく、HOME4Uなどみずほ不動産販売が参加している一括査定サービスを利用して、他の大手や中小規模の不動産会社とも話を聞き比べてみるとよいでしょう。

公式サイトで今すぐ見積もり