ページ
トップ

不動産売買のサポートコラム

・不動産査定で売却先が決まったら具体的な流れはどうなるの?
・一戸建てとマンションなら資産価値が下がり難いのはどっち?
中古不動産の減価償却ってどうなってるの?

このコーナーでは"より具体的な"不動産売買や中長期的な資産戦略についてコラム形式で紹介していきます。
不動産査定は今現在の価値を知るにはもってこいの仕組みですが、実際に売買するとどんな手続が必要になるのか。
また資産価値の観点から将来損をしないための豆知識をまとめていますので併せて参考にしていただけたら嬉しく思います。

不動産売却の流れ

不動産の売却イメージ

不動産査定の結果、最も高値で売れそうな会社を選び買い手が見つかったとしましょう。
買い手が見つかったら不動産屋を介して入金・不動産登記・名義変更が進められます。
重大な瑕疵がある場合は後のトラブル防止のため、必ず契約前に買主に伝えてください。

不動産購入の流れ

不動産購入手続きのイメージ

購入者側の視点で不動産売買の流れを解説します。
買い手はローンを使用する場合、申請手続きや手付金の用意、さらには登記費用・印紙税・団信保険…と不動産本体以外にも多くの費用が発生します。
購入時の注意点と併せて一連の手順をご紹介します。

古い物件はリフォームして売るべき?

リフォームの図面

不動産を売却するときに、リフォームをするとなぜ売れやすくなるのでしょうか?

その理由や、リフォームをする際の注意点などについてご紹介します。

中古マンションを買う良い点・悪い点

中古マンションのメリットデメリットのイメージ

中古マンションは新築より安く買え、タイミングがよければとても優良な物件に出会うことも可能です。しかしもちろん反面デメリットも少なからずありますので、いい点悪い点の両面をしっかりと把握しておきましょう。

中古一戸建てを買う良い点・悪い点

中古一戸建てのイメージ写真

中古一戸建ては、子供のいる家族やとにかく安く済ませたい方には、とてもおすすめできますが、税制面でのデメリットも多いので、希望予算額やイメージなどをしっかり立ててから購入に踏み切りましょう。

資産価値の高い不動産を買う

資産価値についてのイメージ写真

家を買う時は、売る時のことも考えておくことが大切です。

資産価値の高い物件を購入したいのであれば、立地条件駅からの距離などを考慮しましょう。