ページ
トップ

古い物件はリフォームして売るべき?

リフォームの図面

所有しているマンションなどの不動産を売却しようと考えている人にとって、どうやったら物件が高く売れるのかという疑問は非常に重要なところです。

そこでおすすめしたいのが古くなった内装や設備をリフォームしてから売却するという方法です。

中古マンションは、築年数が古ければ古いほど査定が低くなります。

購入希望者としても古い物件にお金を出す人はいないわけですし、実際に内覧する機会があればその印象はもっと強くなるでしょう。

しかし事前にリフォームして売却すれば、マンションを買いたいという人は現れやすくなる可能性は非常に高くなります

「このマンションは築年数の割に非常にきれいなフローリングをしていますね。」
「そうですね。前のオーナーさんが事前にリフォームをして売りに出されたので内装やキッチンまわりは新品同然ですよ。」
といったように不動産屋さんとの会話も弾みます。

特にトイレやバスルームなどの水回りは時代や流行が出やすく、古い物件にありがちな黄ばんだ便器や水垢のついた浴槽といったネガティブな印象は中古マンションに付きまといました。

しかし築年数は古くても見栄えのよいリノベーションを施せば、査定額も高くなるし、新たなオーナーが早く見つかる可能性が高いです。

リフォームをしないで売却して1200万円で売れるよりも、リフォームに250万円かけて1700万円で売れたとします。

これならリフォームをしたことにより250万円の利益が出たことになります。

リフォームを次のオーナーに委ねるよりも先に自分が行うことで「売れない物件」になることを防げます。

ただし注意した方がいいのが、リフォームの仕上がりに自分の趣味を押し付けてしまわないことです。

なるべくあたりさわりのないシンプルなクロスやフローリングを使うべきで、趣味の強い内装材を使ってしまうと次の所有者が簡単に見つからない原因になりかねません。