ページ
トップ

古い家はどうやったら売れる?

古い家の売り方について考える男性

古い家を売るのはコツがいります。売却方法が悪いと長期間売れ残ったり安く買い叩かれることもあるので注意しましょう。

買い手に信頼される取り組みをする

古い家が売りにくいのは、いくら建物の減価償却分を考慮した価格で売り出したとしても、買い手からしてみれば不具合が発生して維持にお金がかかると懸念します。

古い家は最終的に建て替えることになり、更地に比べて建て替えコストもかかります。

つまり、古い家を売るためには、いかに安心感を与えられる売り方ができるかが重要で、建物の価値は最終的にゼロではなくマイナスになることも認識して売りに出すことが大切です。

情報は伝えて状態が良ければ瑕疵保険を受ける

古い家で居住中の場合は物件情報の掲載で家の中の写真を隠したがる人が多いです。特にお風呂、キッチン、トイレの水回りは生活感が出やすく、古くてボロいと悪い印象を持たれます。

しかし、状態を隠してもリフォーム履歴の明記がなく築年数も古ければ、期待する人はいないです。売り手が汚くてボロいと思っていても、見る人によっては、まだまだ使える。うちのより新しいと思う人もいるかもしれません。

買い手が気になるであろう情報は隠さずに伝えましょう。

ただし公開物件だと近所の人に見られるリスクもあります。

折り込み広告は出さないようにして、ネットの売り物件は、近所の人に見られてもしょうがないと割り切りましょう。

どうしても古くて条件の悪い物件を情報を隠して売りたいなら、ある程度は安い価格設定にして値段で魅力を出すしかありません。

家の状態が良ければ瑕疵保険に入ると買い手に安心感を与えられ、築年数が古くても住宅ローン控除を利用できるメリットがあります。

瑕疵保険は検査に適合しないと加入できず、事前に不具合を修繕するように求められることもあります。

瑕疵保険に入らなくても第三者の検査受けて雨漏れやシロアリ被害はないと証明できればアピール材料になります。

売主の費用負担は発生しますが、瑕疵保険や検査を受けると古い家でも高値で売れやすくなるメリットがあります。

大手不動産仲介会社で専任媒介契約を結べばサービスで検査や保証を付けてくれる場合もあります。

古い空き家は早期売却する

古い家は空き家にすると一気に傷む傾向があります。

古家付き土地として売るなら構いませんが、建物の価値もプラスして住める家として売るのであれば、なるべく早めに売却しましょう

家の構造自体が古いと、換気や掃除だけで現状維持するのが難しいです。

明確な不具合が出たり見た目の状態が悪化する前に多少は値段を下げてでも早期に売り切りましょう。