ページ
トップ

中古マンションを買う良い点・悪い点

中古マンションを購入するメリットデメリットを解説する女性

購入価格を安く見積もって割安な物件を購入したいという希望から中古マンションへのニーズは一定数あります

現在、中古マンション市場は、売れない時代に突入してくると言われています。

景気がよくなり新規建設による新築物件の供給が増えていることや人口が減少気味であり、絶対的な需要が減少しているといわれています。

特に不動産として購入するくらいなら賃貸でもいいので新築に住みたいというユーザーもおり、ニーズは多様になってきています。

しかし新築マンションを購入するよりも割安な価格で中古マンションは購入することができるのは最大のメリットです。

また中古マンションだから必ずしも古びていたり、前の住人の使用感や傷や凹みがあるとは限りません。

新築物件ではありえないような割安価格でありながら、状態は極めて良好という掘り出し物の物件を見つけることも可能です。

築年数は10年以内の物件であれば、それほど老朽化を心配する必要はないでしょう。

逆にデメリットといえば、築年数が経過していることにより、マンションそのものが老朽化していること、内装や水回りなどの設備が古臭く、快適に過ごしたり新鮮な気分で過ごすことができない点が挙げられます。

またある程度築年数の古いマンションでも、リノベーションを施すことで快適に住むこともできます

リノベーションは水回りやトイレだけなど限定的なものならば100万円から始められるものもあり、新築物件なら3000万円かかるところが中古物件であれば1600万円で購入して、リノベーションに400万円ほどかかり合計2000万円の初期費用で素敵な家を購入することができたということもあります。

このように中古マンションを購入することには、メリットもデメリットもあるので、自分にはどちらが向いているのかよく検討してみる必要があります。

中古マンションが売れない時代になってきたからこそ、狙い目物件があるのかもしれません。