ページ
トップ

中古不動産の売却の流れ

中古不動産の査定をしている男性

これから所有している不動産を売却しようと考えている人にとって、不動産売却の流れがわからないという人も多いでしょう。

不動産の売却など一生にそう何度もあるものではありません。

悪徳な不動産屋に捕まって不当に低い金額で家やマンションを売却しないためにもここで流れを押さえておくことが大切です。

不動産屋に依頼する

不動産を売却しようとしたらまず不動産屋に依頼することからはじまります。

信頼できる不動産屋があればいいですが、そうでない場合には知人や友人からの紹介を受けることが大切です。

不動産屋に売りたい不動産の物件価格を査定してもらう必要があります。

不動産会社によって査定額が変わってくる可能性があるので、複数の業者に依頼しておくことをおすすめします。

査定額を提示されて売りたいという意思が決まれば、不動産会社と媒介契約を結び、仲介を依頼することになります。

査定額で売り出さなければならないわけではなく、自分が設定する価格で売り出すことはできますが、この辺は不動産会社とよく話し合う必要があります。

また売り出された不動産を購入したいという人から価格の交渉などがある場合があるので、必要があれば交渉に応じましょう。

購入希望者が決まれば、条件などで合意することができたらいよいよ不動産を売却することができます。

この時に特に伝えておかなければならない瑕疵などがあれば正確に買主に伝えておくことが望まれます。

売買契約を結ぶと手付金などを受取り、さらに相手方がローン及び一括購入する場合において売買残金などの諸費用を支払われたらいよいよ引き渡しです。

この時にもっとも大切なことである所有権の移転などにあたる不動産登記を行い、不動産の名義を変更する必要があります

あとでトラブルにならないためにも買主との信頼関係を構築してしっかりと売却しましょう。