ページ
トップ

不動産を買う時は周辺環境もチェック

周辺環境のチェック

マンションなどの不動産を購入するときにどうしても注意しておかなければならないのが、周辺環境をよくチェックしておくことです。

物件の周辺環境とは、自分の生活環境に直結する部分なので、

「いざ住んでみたら駅が遠くものすごく交通が不便になった。」
「米軍基地が近く毎日飛行機の騒音に悩まされている。」
「コンビニが車で15分くらいのところにある。」

など周辺環境のチェックを怠って、転居後に不自由を強いられたケースというのは少なくありません

では不動産購入前に押さえておきたい周辺環境のチェックポイントをまとめました。

駅から近いか?

地方では車が交通の足となることが多いですが、東京や横浜などの都会では、最寄駅の近さというのは最大のポイントとなってきます。

駅から15分を超えると徒歩通勤に大きな影響を及ぼすと言われており、できれば10分以内で歩いていけるようなところが望ましいです。

駅からは近くても坂がありアップダウンが激しい場合もあり、通勤や買い物などの移動に支障が出るケースも少なくありません。

コンビニやスーパー、ドラッグストアがあるか?

物件の近くにコンビニやスーパー、ドラッグストアなどのがあるのかよくチェックしておきましょう。

特に買い物は毎日のように行うので、不便な場所にあったり、2km以上自宅から離れているなどという場合は要注意です。

自衛隊基地や米軍基地が近くにある

自衛隊の基地や米軍基地が不動産物件の近くにある場合は、飛行機や戦闘機などの訓練による騒音に悩まされることがあります

物件そのものに防音ガラスや二重ガラスが採用されているところは地図をよく注意して中編に巨大な敷地がないかチェックしておきましょう。

このように不動産を購入するときにチェックしておかなければならないポイントは多岐にわたります。後で後悔しないためにも事前によく調べることが大切です。