ページ
トップ

リストラにあい田舎暮らしをすることになったため自宅を売却

39歳男です。

妻35歳、娘10歳、息子8歳の4人家族です。
群馬で食品卸の会社に勤務していました。

大学卒業後から16年間勤務して、
妻と結婚して娘と息子にも恵まれ、幸せな暮らしをしていました。

最初の2人目の子供が生まれたころにマイホームも購入して、
このままこの土地で暮らしていくんだろうなと漠然と考えていました。

悩む男性

しかし3年前、突如会社の経営状態が悪くなり、
私はリストラの波にのまれてしまいました。

正直、最初はどうしようかと思いました。

会社をクビになってからしばらくは失業保険がありましたが、なかなか次の就職先が決まらず、
貯金を切り崩して生活をするような毎日にすごく危機感を覚えました。

私は出身が長野県で、実家の両親に相談しました。

私は一人息子なので両親は実家で2人で年金で暮らしています。

毎年、年末年始に帰省しており、子供たちを可愛がってくれるので、
私は両親に一緒に住まわせてもらえないかとお願いしました

両親は快く、「家族で戻ってこい」と言ってくれました。

妻や子供たちに話すと思いのほか、反応がよかったのが印象的でした。

特に子供は、
「学校の友達と離れてしまうのは寂しいけれど、お父さんの育ったところに行ってみたい。」
と言ってくれたんです。

私は愛着のあったマイホームを売却することに決めました。

そこで見つけたのがこちらの「イエウール」です。

これまでに売却を決めた皆様の満足度が高かったので、
見積依頼を出してみると何社かからメールが届きました。

その中でもっとも高かった1500万円という査定をしてくれた不動産屋に決めました。

それでもローンは少し残ったけれど、田舎に帰って実家に住まわせてもらえば、
数年で返せるような金額になるので、とりあえずホッとしました。

無事に売却が決まり、長野の実家に戻り、家族6人、2世帯で楽しく暮らしています。

子どもも田舎暮らしを楽しんでくれています。
むしろ今までよりも外で遊ぶことが多くなり、冬にはスキーも楽しんでいます。

私はそれまでの仕事とは畑違いの製造の仕事に就くことができました。
妻もパートをはじめ、少しずつ余裕もでるようになってきました。