ページ
トップ

不動産投資で購入していたアパートを売却

49歳女性です。

現在は結婚しており、高齢出産になりましたが子どもにも恵まれました。
夫は5歳年下の44歳、子供は小学校5年生になります。

14年前に不動産投資目的で購入したアパートを経営していました。

経営と言ってもアパートの店子から入る賃料をもらうオーナーとなったわけですが、
毎月の賃料の総額が満室時には50万近くにはなったので、
生活には困ってはいませんでした。

その後今の主人と出会ったのは、37歳のときでした。

私はアパート経営はしていましたが、
もともと広告代理店勤務の会社員で彼はそこで一緒に働く同僚でした。

彼から「結婚しないか?」と言われたときは正直戸惑いもありました。

その時37で「もう自分には結婚はないだろう。」と思っていたので、
彼に誘われたときは正直うれしかったです。

彼も私も年齢も年齢だし、それなりに高収入だったので、
お金に困るようなことがありませんでした。

彼と結婚するにあたってお互いの両親への報告もして、今後のことについて話合った際に、
お互いの両親もお金を出すからということで新居を建設することになりました。

そして私は14年前に購入したアパートの1室に住んでいたので、
そこから引っ越すことになりました

新居が建てる際に建築士さんといろいろ話し合って家の間取りや素材を検討していくうちに、
結婚することがこんなに幸せなのかとつくづく感じるようになりました。

そのときに私は持っていた不動産のアパートを手放すことを決めました。

今思えば不動産投資のためにアパートを購入したのは、
結婚できない自分に対する逃げだったように思います。

そこでこちらのHOME4U」で一括査定をしてみることにしました。

フォーム入力

名前や住所・電話番号などをフォームに入力して待ってみること1週間、
最初の1社から連絡が入りました。

具体的な金額を聞くと私が思っていたよりもずっと高い金額だったので、
直感的に売却を決めました。

その後も何社からか連絡が入りました。

すると最初の不動産会社の提示額がもっとも高額だったのでそちらに決めました。