ページ
トップ

独り身になり自宅売却を決意

40年連れ添った主人がガンであっけなく亡くなってから5年、私は1人で広い一軒家を守ってきました。
でも子供も巣立った今、二階はほとんど使わない状態でした。

私は一階の台所と仏壇のある部屋しか使わないので、たまに帰って来る娘から
「ちょっとこんな広い家に一人暮らしは不用心だよ。思い切って売って、うちのそばにマンションでも買ったら?」
と言われて、気持ちが固まりました。

主人が私の為に残してくれた思い出の家を売るのはとても切なく、悲しい事でしたが、やはり娘がそばにいてくれる方が安心できます。

お父さんごめんね…。
と仏壇で手を合わせて、家を売る決意を固めました。

IT会社に勤めている長男が、ネットで検索したといって4社の見積もりを持って来てくれました。
不動産会社に書類を持って行って相談しなくても、家が売れる世の中になったのですね。

知らない間にすっかり世間の常識は変わっているようで、びっくりしました。

家を売ると税金がかかるから買い替えの方が良いとか、不動産業者の賢い選び方など、長男はネットから色んな情報を検索して私に渡してくれました。
お陰で電話のやり取りだけで売却をお願いする会社が決まりました。

便利なインターネット査定

これも時代なんですね。

不動産会社は名の通った会社で、担当の人とその上司の方が家にやって来て、家を売却する前にやっておかなければいけない事をリストにして渡してくれました。
家の中を丁寧に見て回りながら、ここは少し手直しした方が良いとか、この荷物はどけてから写真を撮りましょうなど、こまごまとアドバイスもして下さいました。

娘の住んでいる場所の近くにマンション物件も扱っているそうなので、買い替えマンションも紹介して頂けて、本当に何から何までお世話になりました。
大手の会社だからでしょうか、私のささいな相談にも、何度も丁寧に説明して下さり本当に有り難かったです。

引っ越しは全て娘が手配してくれたので、私は処分するものを分別するだけで済みました。
荷物の梱包から新しい新居先での荷ほどきまで全て業者さんがやってくれたので、私は重いものひとつ運ばずに済んでしまいました。

家を売るのも買うのも、今は大変便利になったのですね。
私はインターネットは全く分かりませんが、これからの若い人は大変便利だと思います。

慣れないマンション暮らしも、ベランダに出れば娘の家の屋根が見えるので安心です。
これからは第二の人生、まだまだ楽しまなくちゃ、なんだか肩の荷が降りた様に気分が明るくなりました。

マンションからの景色

部屋が小さくなった分、部屋の掃除が楽で助かります。
庭がないのは少し残念ですが、その分部屋の中を花を活けて楽しんでいます。

娘と、長男と、インンターネットのおかげで、スムーズに家の住み替えができました。
お世話になった皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。