ページ
トップ

結婚のためマンションを売却

3LDKマンション

もともと結婚するつもりはなく、大学を卒業後、仕事に打ち込んでいたら30歳目前になっていました。
就職してからも大学生から住んでいたアパートの安い賃料を払いながら暮らしていたら27歳のときには貯蓄が500万円近くになっていました。

1Kのアパートだったのでもう少しいい部屋に住みたいと思ってはいたのですが、意を決して3LDKのマンションを購入したのが28歳の夏のことです。

これからがんばってローンを払っていくつもりでしたが、その年のクリスマスにあるパーティーで出会った男性と親しくなりました。
彼は私よりも9歳年上の当時37歳の内科の勤務医で、家に入ってくれる女性よりも私のように外で働く女性が好きという理由で1年ほどお付き合いしたころにプロポーズされました。

私と結婚することが決まり、彼の実家の敷地内に一戸建ての家を建てることになって、私が購入した3LDKのマンションが必要なくなってしまいました。
引っ越してから1年余りで手放すことになり、どうやって処分しようかと考えていたところにこちらのサイトに出会いました。

もともとマンションを探したのもネットでしたが、こんなに早く売却のためにネットに頼るとは思ってませんでした。
サイトから住所や連絡先を入力したら数日後、何件かの不動産会社から概算の査定額を知らせる電話がありました。

1年しか住んでいなかったのでそれほど値崩れはしないだろうと思ってはいたけれど、一度住んでしまったマンションは価値としてどれくらい下がるのだろうという心配はありました。

ただ連絡をいただけた不動産会社が提示してきた査定額は私が思っていたよりも高かったので結局一番最初に連絡を頂けたA社さんに現地査定をしていただきました。
私も彼との結婚が決まっているせいか、不安に感じることはほとんどなくスムーズに売却が決まりました。

サイトから査定をお願いすることで、不動産会社を探したり調べたりする手間が省けたこともあり、結果的に不動産査定サイトを利用してよかった思いました。